カフカの名言・格言




カフカの名言・格言


フランツ・カフカ(1883年~1924年)

現在のチェコ出身の小説家。代表作は『変身』『審判』『城』など。マルセル・プルースト、ジェイムズ・ジョイスと並び20世紀の西欧文学を代表する作家とされる。

カフカの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1883年7月3日、オーストリア=ハンガリー帝国領プラハで高級小間物商を営むユダヤ人一家の長男として生まれる。

兄弟は次男と三男がいずれも幼くして亡くなった。その後、3人の妹が生まれるも妹3人で固まり、両親はいつも仕事場にいたためカフカは孤独な幼少期を送った。

6歳のときに小学校に入学。4年間の修学期間を優等生として過ごし、終生の友人となるフーゴ・ベルクマンと出会う。

10歳のときにギムナジウム(中等教育機関)に入学。カフカはスピノザ、ダーウィンニーチェなどの著作に関心を抱き、将来作家になる夢も抱いていた。

18歳でプラハ大学に入学。当初は哲学専攻を希望していたが、父の希望する法学を専攻。

大学では1歳年下のマックス・ブロートと知り合う。ブロートは当時すでに新進作家として名を成していた。

23歳のときに大学を卒業。その後、労働者傷害保険協会に就職。14時までの勤務となり、残りの時間を小説の執筆に当てる。

25歳のときに友人マックス・ブロートの仲介により、カフカの作品が文芸誌に掲載される。

29歳のカフカは4歳年下のユダヤ人女性フェリーツェ・バウアーと出会う。2年後に婚約するも結婚によって執筆が妨げられるという不安が消えず、婚約を解消。

翌年、再び彼女と交際をはじめ、34歳のときに2度目の婚約を交わす。しかしカフカは肺結核と診断され、病気を理由に再び婚約を解消。

結核を発症したカフカは長期療養と職場復帰とを何度も繰り返すことになる。

39歳のときにカフカは勤務ができなくなり退職、年金生活者となる。翌年、ウィーン大学付属病院に入院、その後ウィーン郊外のサナトリウムに移る。

1924年6月3日、フランツ・カフカは死去。40年の生涯を閉じた。遺体はプラハに送られ、ユダヤ人墓地に埋葬された。

カフカは亡くなるまでに7冊の本を出した。その死に際し、カフカは友人マックス・ブロートに草稿やノート類をすべて焼き捨てるようにとの遺言を残す。しかしブロートは自分の信念に従ってこれらを順次世に出していった。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

カフカの名言・格言集




カフカの名言(1)


名言・格言

 

人が通ったところに、

道は出来る。

 

- カフカ -


名言・格言

 

無難なことからではなく、

正しいことから始めよ。

 

- カフカ -


名言・格言

 

探し求める者は

見つけることができないが、

探し求めない者は

見出される。

 

- カフカ -


名言・格言

 

わたしは自由です。

だから道に迷ったのです。

 

- カフカ -


名言・格言

 

人生の意味とは、

それが終わるということです。

 

- カフカ -


名言・格言

 

寝て、起き、寝て、起き。

みじめな人生。

 

- カフカ -


名言・格言

 

あなたと世の中との戦いなら、

世の中のほうに賭けなさい。

 

- カフカ -


名言・格言

 

悪は善のことを知っている。

しかし善は悪のことを知らない。

 

- カフカ -


名言・格言

 

恐れをもつことは不幸だ。

それゆえに、

勇気をもつことが幸せなのではなく、

恐れをもたないことが幸せなのだ。

 

- カフカ -


名言・格言

 

青春が幸福なのは、

美しいものを見る能力を備えているためです。

美しいものを見る能力を保っていれば、

人は決して老いぬものです。

 

- カフカ -


名言・格言

 

神はクルミを与えてくださる。

でも、それを割ってはくださらぬ。

 

- カフカ -


名言・格言

 

鳥籠が鳥を探しに出かけていった。

 

- カフカ -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 





This entry was posted in 文学界の偉人. Bookmark the permalink.