ペレの名言・格言




ペレの名言


ペレ(エドソン・アランテス・ド・ナシメント)(1940年~)

ブラジルのサッカー選手。1363試合に出場し1281得点を記録。3度のワールドカップ優勝を果たす。「サッカーの王様(The King of football)」と称される。

ペレの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1940年10月23日、ブラジル南東部のミナスジェライス州トレス・コラソンエスに生まれる。同じ時期に町に電気が敷設されたことから、トーマス・エジソンにちなんで「エドソン」と名付けられる。

父はサッカー選手で強豪クラブに所属していたこともあったが膝を痛めて退団。その後は小規模クラブでプレーをしていた。

ペレは飛行機の操縦士になることを夢見ていたが、やがて父と同じサッカー選手を志すようになり、父からサッカーに必要な技術や心構えを学んだ。

1956年、ペレが15歳のときにサントスに入団。同年9月の親善試合でデビューを果たし、初得点を決めた。

1958年、当時の史上最年少記録となる17歳でワールドカップに出場。大会通算6得点の活躍でブラジルにワールドカップ初優勝をもたらした。

その後、ヨーロッパの有力クラブから移籍の申し入れもあったが、ペレはブラジル国内でプレーを続けた。

1962年のワールドカップでは、第2戦でペレが負傷。ペレを欠いたもののガリンシャらの活躍により大会2連覇を成し遂げた。

1966年のワールドカップでは、ペレは初戦で1得点を決めたものの負傷。グループリーグ最終戦には出場するも相手DFのラフプレーにより負傷退場。ペレを欠いたブラジルは敗れ大会3連覇を逃した。

1970年のワールドカップでペレは代表に復帰。ペレは決勝まで3得点に終わったが、ゲームメーカー役を務めて3度目のワールドカップ制覇に貢献した。

1971年7月、30歳のペレはブラジル代表からの引退を表明。

1974年には18年を過ごしたサントスFCを退団。翌年、34歳のペレは北米サッカーリーグのニューヨーク・コスモスに移籍。

1977年に北米選手権のタイトルを獲得。サッカー不毛の地と言われたアメリカでサッカーの伝道師としての役割を果たした。

同年10月に行われたペレの引退試合(コスモス対サントスFC戦)には7万5千人の観衆が詰掛けた。ペレは前半はコスモスの選手として後半はサントスの選手としてプレー。前半に1得点をあげ自らの引退の花道を飾った。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ペレの名言・格言集

ペレの名言メニュー
ペレの名言(1)
ペレの名言(2)

おすすめ偉人の一覧 (全139名)
ペレの関連書籍

【関連ページ】
英語の名言・格言【ペレ】




ペレの名言(1)


名言・格言

 

わたしは絶えず個々の選手について質問を受ける。

試合に勝つ唯一の方法はチームとしてプレーすることだ。

サッカーは一人や二人もしくは三人の

スター選手のためのものではない。

 

- ペレ -


名言・格言

 

ワールドカップは優秀な選手、

そして偉大な選手を見極めるのに

とても重要なものだ。

それは偉大な選手のテストの場ともいえる。

 

- ペレ -


名言・格言

 

ストライカーになるためには、

体調を整えておかなければならない。

 

- ペレ -


名言・格言

 

ペレは死なない。

死ぬことは決してないだろう。

ペレは永久に生き続ける。

 

- ペレ -


名言・格言

 

情熱がすべてだ。

それはギターの弦のようにピンと張られ、

振動しなければならない。

 

- ペレ -


名言・格言

 

すべては練習のなかにある。

 

- ペレ -


名言・格言

 

イングランドのサッカーレベルはトップだね。

英国のサッカーは世界のリーダーだよ。

 

- ペレ -


名言・格言

 

どこに行っても

誰もが知っている三つのものがある。

イエス・キリスト、ペレ、

それとコカ・コーラさ。

 

- ペレ -


名言・格言

 

若いときには、

たくさんバカなことをするものだよ。

 

- ペレ -


名言・格言

 

人々に教育を受けさせなければ、

彼らは簡単に操られてしまうだろう。

 

- ペレ -


名言・格言

 

ペナルティーキックを得ようとするのは、

点を取るためのひきょうな方法だ。

 

- ペレ -


名言・格言

 

成功は決して偶然ではない。

勤勉、忍耐、知識、学び、犠牲、

そして何よりも自分が取り組んでいることへの

愛情が必要だ。

 

- ペレ -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 




This entry was posted in スポーツ・格闘技界の偉人. Bookmark the permalink.