モンテスキューの名言・格言




モンテスキューの名言・格言


シャルル・ド・モンテスキュー(1689年~1755年)

フランスの哲学者。著作『法の精神』の中で、政治権力を立法・行政・司法に三分割する三権分立論を提唱。

モンテスキューの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1689年1月18日、フランス南西部のボルドー近郊に生まれる。本名はシャルル=ルイ・ド・スゴンダ。

モンテスキューが7歳の時に母が死去。彼は母の遺産を継承してラ・ブレード男爵となる。

ボルドー大学法学部を卒業したモンテスキューは、20歳でパリに遊学。

24歳のときに父の訃報により帰郷。翌年にボルドー高等法院の参事官となる。

1716年、伯父の死により、モンテスキュー男爵の爵位とボルドー高等法院副院長の官職を継承。しかし彼は実務面には無関心であった。

1721年、32歳のモンテスキューは匿名で『ペルシア人の手紙』を出版。

37歳のときにボルドー高等法院副院長の官職を辞職。モンテスキューは学究生活に入る。

1728年、39歳でアカデミー・フランセーズの会員に選出され、その後、諸国遍歴の旅に出る。

1731年、42歳のモンテスキューはフランスに帰国。1734年に『ローマ人盛衰原因論』、1748年に『法の精神』を出版する。

イギリスの政治に影響を受けたモンテスキューは、フランス絶対王政を批判し、均衡と抑制による権力分立制の基礎を築いた。

晩年は、著作『百科全書』の為に「趣味論」の執筆に取り組んだが、1755年2月10日、モンテスキューはパリで死去、66年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

モンテスキューの名言・格言集




モンテスキューの名言(1)


名言・格言

 

一時間の読書をもってしても

和らげることのできない悩みの種に、

私はお目にかかったことがない。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

多くの場合、

成功は成功するまでの所要時間を

知っているか否かにかかっている。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

法とは、最も広い意味にとれば、

事物の本性に由来する必然的な関係である。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

愚か者は、

まじめさを盾にする。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

法の盾と正義の名を借りて行われることよりも

残虐なものはない。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

自由とは、

法の許す限りにおいて

行動する権利である。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

ただ幸福になりたいと望むだけなら簡単だ。

しかし他人よりも幸せになりたいというのならば、

それは困難だ。

我々は、他人はみんな

実際以上に幸福だと思っているからだ。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

人間は死を嘆くのではなく、

誕生を嘆くべきだろう。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

真に偉大な人間になるためには、

人々の上に立つのではなく、

彼らと共に立たなければならない。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

真に知的な人は、

他の人が知識として有しているだけのことを、

身体で感得している。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

少しを知るために、

多くを学んでおかねばならぬ。

 

- モンテスキュー -


名言・格言

 

世の中で成功を収めるには、

馬鹿のように見せかけ、

利口に行動することである。

 

- モンテスキュー -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 





This entry was posted in 学者・発明家の偉人. Bookmark the permalink.