英語の名言・格言【カント】




英語の名言・格言【カント】


Immanuel Kant
イマヌエル・カント(1724年~1804年)

ドイツの哲学者。ドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)の祖とされる。

カントの日本語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1724年4月22日、東プロイセンの首都ケーニヒスベルクの馬具職人の四男として生まれる。

両親はルター派の敬虔主義を奉じていたため、イマヌエル・カントもその濃厚な影響のもとに育つ。

16歳のときにケーニヒスベルク大学に入学。神学を志していたが、ニュートン(1642~1727)の活躍などで発展を遂げつつあった自然学に関心が向かい、哲学教授の影響のもと、自然学を研究した。

22歳のときに父が死去。学費が続かなくなったカントは大学を去る。その後の7年間は生活も苦しく、家庭教師をして生計をたてていた。

31歳のとき、カントは最初の論文で太陽系は星雲から生成されたと論証。また、ケーニヒスベルク大学哲学部に学位論文を提出し、学位を取得。同大学の私講師として職業的哲学者の生活に入る。

46歳のときにケーニヒスベルク大学から哲学教授としての招聘があり、カントは引退までこの職にとどまった。

1781年、57歳のときに『純粋理性批判』を発表。その難解さと斬新な思想のために同時代の読者に正しく理解されず、さまざまな議論が起こり、カントはドイツ哲学界の喧騒にみちた論争の渦中に入り込んだ。

続いて1788年に『実践理性批判』、1790年に『判断力批判』を発表。これらを総称し「三批判書」と呼ぶ。

カントは哲学的論争の渦中にいたがその学者人生は順調であり、晩年にはケーニヒスベルク大学総長を務めた。しかし、プロイセン王立ベルリン・アカデミーには招聘されなかった。

1804年2月12日、カントは79年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

カント 英語の名言・格言集




カント 英語の名言(1)


英語の名言・格言

 

To be is to do.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
存在するとは、行動することである。


英語の名言・格言

 

Immaturity is the incapacity to use one’s intelligence without the guidance of another.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
未熟さとは、他人の指導なしでは自分の知性を使うことができないということである。


英語の名言・格言

 

It is not necessary that whilst I live I live happily; but it is necessary that so long as I live I should live honourably.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
わたしが生きている間、ずっと幸せである必要はない。しかし、生きている限りは立派に生きるべきである。


英語の名言・格言

 

Ingratitude is the essence of vileness.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
恩知らずとは、卑劣さの本質だ。


英語の名言・格言

 

Religion is the recognition of all our duties as divine commands.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
宗教とは、我々の義務のすべてを神の命令とみなすことである。


英語の名言・格言

 

Experience without theory is blind, but theory without experience is mere intellectual play.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
理論のない経験は盲目である。しかし、経験のない理論は単なる知的ゲームに過ぎないのだ。


英語の名言・格言

 

Beneficence is a duty. 

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
善行は義務です。


英語の名言・格言

 

1) What can I know? 2) What ought I to do? 3) What may I hope? 4) What is man? The first question is answered by metaphysics, the second by morality, the third by religion, and the fourth by anthropology. At bottom all this could be reckoned to be anthropology, because the first three questions are related to the last.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
1.私は何を知りうるか。2.私は何を為すべきか。3.私は何を望むのがよいか。4.人間とは何か。 第一の問いに答えるのは形而上学であり、第二の問いには道徳、第三の問いには宗教、第四の問いには人間学が答える。結局これらすべては人間学に含ませてよいであろう。なぜなら最初の三つの問いは最後の問いに関連しているからだ。


英語の名言・格言

 

Science is organized knowledge. Wisdom is organized life.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
科学とは体系化された知識で、知恵とは整理された生活である。


英語の名言・格言

 

The death of dogma is the birth of morality.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
ドグマ(独断的な説)の死は、道徳の誕生だ。


英語の名言・格言

 

We cannot learn philosophy. We can only learn to philosophize.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
哲学は学べない。学べるのは哲学することだけである。


英語の名言・格言

 

Happiness is not an ideal of reason but of imagination.

 

- Immanuel Kant (カント) -

 
幸福とは理性の理想ではなく、想像の理想である。



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 







This entry was posted in 英語の名言・格言【学者・発明家の偉人】. Bookmark the permalink.