カントの名言・格言




カントの名言・格言


イマヌエル・カント(1724年~1804年)

ドイツの哲学者。ドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)の祖とされる。

カントの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1724年4月22日、東プロイセンの首都ケーニヒスベルクの馬具職人の四男として生まれる。

両親はルター派の敬虔主義を奉じていたため、イマヌエル・カントもその濃厚な影響のもとに育つ。

16歳のときにケーニヒスベルク大学に入学。神学を志していたが、ニュートン(1642~1727)の活躍などで発展を遂げつつあった自然学に関心が向かい、哲学教授の影響のもと、自然学を研究した。

22歳のときに父が死去。学費が続かなくなったカントは大学を去る。その後の7年間は生活も苦しく、家庭教師をして生計をたてていた。

31歳のとき、カントは最初の論文で太陽系は星雲から生成されたと論証。また、ケーニヒスベルク大学哲学部に学位論文を提出し、学位を取得。同大学の私講師として職業的哲学者の生活に入る。

46歳のときにケーニヒスベルク大学から哲学教授としての招聘があり、カントは引退までこの職にとどまった。

1781年、57歳のときに『純粋理性批判』を発表。その難解さと斬新な思想のために同時代の読者に正しく理解されず、さまざまな議論が起こり、カントはドイツ哲学界の喧騒にみちた論争の渦中に入り込んだ。

続いて1788年に『実践理性批判』、1790年に『判断力批判』を発表。これらを総称し「三批判書」と呼ぶ。

カントは哲学的論争の渦中にいたがその学者人生は順調であり、晩年にはケーニヒスベルク大学総長を務めた。しかし、プロイセン王立ベルリン・アカデミーには招聘されなかった。

1804年2月12日、カントは79年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

カントの名言・格言集




カントの名言(1)


名言・格言

 

存在するとは、

行動することである。

 

- カント -


名言・格言

 

幸福とは理性の理想ではなく、

想像の理想である。

 

- カント -


名言・格言

 

未熟さとは、

他人の指導なしでは

自分の知性を使うことができないということである。

 

- カント -


名言・格言

 

よく見なさい。

美とは取るに足りないものかもしれない。

 

- カント -


名言・格言

 

わたしが生きている間、

ずっと幸せである必要はない。

しかし、生きている限りは

立派に生きるべきである。

 

- カント -


名言・格言

 

もし虫けらのように振る舞うのならば、

踏み付けられても文句を言ってはならない。

 

- カント -


名言・格言

 

恩知らずとは、

卑劣さの本質だ。

 

- カント -


名言・格言

 

法律においては、

他人の権利を侵害する時には罰せられる。

道徳においては、

侵害しようと考えるだけで罪である。

 

- カント -


名言・格言

 

苦悩は活動への拍車である。

そして活動の中にのみ

我々は我々の生命を感じる。

 

- カント -


名言・格言

 

我は孤独である。

我は自由である。

我は我みずからの王である。

 

- カント -


名言・格言

 

善行はこれを他人に施すものではない。

これをもって自分自身の義務を済ますのである。

 

- カント -


名言・格言

 

最も平安な、

そして純粋な喜びの一つは、

労働をした後の休息である。

 

- カント -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 






This entry was posted in 学者・発明家の偉人. Bookmark the permalink.