モーツァルトの名言・格言




モーツァルトの名言・格言


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756年~1791年)

オーストリアの音楽家。ハイドン、ベートーヴェンと並ぶウィーン古典派三大巨匠の一人。

モーツァルトの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1756年1月27日、当時は神聖ローマ帝国領であったオーストリアのザルツブルクに生まれる。

父は宮廷作曲家・ヴァイオリニスト。モーツァルトは7番目の末っ子であったが、5人の兄弟は幼児期に死亡したため、5歳上の姉だけがいた。

父は息子が天才であることを見出し、幼少時から音楽教育を与える。モーツァルトは3歳のときにチェンバロを弾き始め、5歳で最初の作曲を行った。

幼少時のモーツァルトは音楽家として父とともにザルツブルク大司教の宮廷に仕える一方、親子は神童の演奏を披露するためウィーン、パリ、ロンドン、イタリア各地へ赴いた。

7歳のモーツァルトの演奏をフランクフルトで聴いたゲーテ(1749~1832)は、そのレベルが絵画でのラファエロ(1483~1520)、文学のシェイクスピア(1564~1616)に並ぶと思ったと回想している。

モーツァルトは14歳のときにローマ教皇より黄金拍車勲章を授与される。同年初のオペラ『ポントの王ミトリダーテ』を作曲。絶賛されるもその報酬はわずかであった。

モーツァルトが22歳のときに母が死去。

1781年、25歳のモーツァルトはザルツブルク大司教の命令でミュンヘンからウィーンへ移るが、大司教と衝突して解雇。モーツァルトはウィーンでフリーの音楽家として演奏会、オペラの作曲、レッスン、楽譜の出版などで生計を立てた。

26歳のモーツァルトは父の反対を押し切りコンスタンツェ・ヴェーバーと結婚。

27歳の頃に『ピアノソナタ第11番トルコ行進曲付き』を作曲。29歳のときに弦楽四重奏曲集をハイドンに献呈(ハイドン・セット)した。

1786年、30歳のモーツァルトはオペラ『フィガロの結婚』を初演。翌年にベートーヴェン(1770~1827)がモーツァルトを訪ねたとされるが記録は無い。

1787年、父が死去。同年『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』を作曲。翌年には「3大交響曲」を作曲する。

モーツァルトはウィーンでピアニストとして人気があったが、晩年までの数年間は収入が減り、借金を求める手紙が残されている。モーツァルトの品行が悪く、浪費癖に加えて、高給な仕事に恵まれなかったことが大きな原因であるといわれる。

1791年にモーツァルトは体調を崩し、その後悪化。1791年12月5日、35歳10ヶ月の若さで死去。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

モーツァルトの名言・格言集




モーツァルトの名言(1)


名言・格言

 

馬車で旅をしているときや食後の散歩中、

あるいは眠れない夜。

そんな時にアイデアが最も豊富に湧き出てくるのだ。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

自分の値打ちを下げてはいけない。

それが特に大切なポイントだ。

さもないと君は終わりだ。

もっとも生意気な人間に絶好のチャンスがある。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

多くのことをなす近道は、

一度にひとつのことだけをすることだ。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

私達の財産、

それは私達の頭の中にある。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

望みを持とう。

でも望みは多すぎてはいけない。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

音楽は決して耳ざわりであってはならない。

むしろ耳を満足させ楽しみを与える、

つまり常に「音楽」でなくてはならない。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

高尚な知性や想像力、

あるいはその両方があっても

天才の形成に至りはしない。

愛、愛、愛。

それこそが天才の神髄である。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

わたしは貴族ではないが、

貴族にもまさる高貴な心をもっている。

人間を高めるのは、

身分ではなく、心だ。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

本当にわたしは怠けることが嫌いで、

働くことが好きなんだ。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

わたしは何事も

最後までやり遂げる人間だ。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

わたしの見解では、

未婚の男は人生を半分しか楽しんでいない。

 

- モーツァルト -


名言・格言

 

金持ちは友情というものを

まったく知らない。

とくに生まれたときからの金持ちは。

 

- モーツァルト -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 





This entry was posted in 芸術・ファッション・芸能・音楽界の偉人. Bookmark the permalink.