パスカルの名言・格言




パスカルの名言・格言


ブレーズ・パスカル(1623年~1662年)

フランスの哲学者、自然哲学者、物理学者、思想家、数学者、キリスト教神学者。パスカルの三角形、パスカルの定理などの発見でも知られる。

パスカルの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1623年6月19日、フランスの中央高地にあるクレルモン=フェランに生まれる。父は徴税の仕事をする行政官であり、パスカルには二人の姉妹がいた。

幼少のころから天才ぶりを発揮したパスカルは、10歳前に三角形の内角の和が二直角(180度)であることや、1からnまでの和が (1+n)n/2 であることを自力で証明している。

パスカルの少年時代に一家はパリに移住。父は自然哲学や科学をたしなんでおり、パスカルは家庭で英才教育を受ける。

また、自宅には一流の数学者や科学者が頻繁に出入りしており、パスカルは様々な知識を吸収し、大人たちと討論したり思索を深めたりすることでその才能が本格的に開花した。

パスカルは16歳のときに『円錐曲線試論』を発表。翌年には機械式計算機の構想・設計・製作に着手、2年後に完成させた。この製作に過度に没頭したことが、パスカルの身体を傷め、寿命を縮める要因のひとつになったともいわれている。

パスカルが23歳の頃に一家は信仰に目覚め、ジャンセニスム(カトリック教会によって異端的とされたキリスト教思想 ※人間の意志の力を軽視し、腐敗した人間本性の罪深さを強調)に近づいてゆく。

1656年、33歳のパスカルは『プロヴァンシアル』を発表。神の「恩寵」について弁護する論を展開しつつ、イエズス会のたるんでしまった道徳観を非難したため、広く議論が巻き起こる。

パスカルはキリスト教を擁護する書物(護教書)の執筆にも着手。しかし、体調を崩したパスカルはその書物を完成させることができなかった。

1662年8月19日、体調が悪化し、ブレーズ・パスカルは39年の生涯を閉じた。

執筆途中の書物に関するノートやメモ類はパスカルの死後整理され、『パンセ』として出版される。そこに残された深い思索の痕跡が、後々まで人々の思想に大きな影響を与え続けることになった。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

パスカルの名言・格言集




パスカルの名言(1)


名言・格言

 

人間は自然のうちで最も弱い

一本の葦にすぎない。

しかし、それは考える葦である。

 

- パスカル -


名言・格言

 

我々が本当に愛するのは、

人間そのものではなくて、

人間のもっている特性ということになるのである。

 

- パスカル -


名言・格言

 

好奇心というものは、

実は虚栄心にすぎない。

たいていの場合、

何かを知ろうとする人は、

ただそれについて他人に語りたいからだ。

 

- パスカル -


名言・格言

 

時は悲しみと口論の傷を癒す。

人はみな変わる。

過去の自分はもはや現在の自分ではない。

悩む者も悩ます者も、

時がたてば別人になる。

 

- パスカル -


名言・格言

 

生涯において最も大切なことは

職業の選択である。

しかし、

偶然によってそれは決まる。

 

- パスカル -


名言・格言

 

人間はつねに、

自分に理解できない事柄は何でも

否定したがるものである。

 

- パスカル -


名言・格言

 

想像力は何でもやってのける。

それは美と正義と幸福をつくるが、

これこそ、

この世におけるすべてなのだ。

 

- パスカル -


名言・格言

 

人間は神と悪魔の間に浮遊する。

 

- パスカル -


名言・格言

 

人は恋愛を語ることによって

恋愛するようになる。

 

- パスカル -


名言・格言

 

真の雄弁は雄弁を軽蔑し、

真の道徳は道徳を軽蔑する。

哲学を軽蔑することこそ、

真に哲学することである。

 

- パスカル -


名言・格言

 

真理が支配しているときに

平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、

真理が破壊されようとしているときに

平和にとどまることも、

やはり、ひとつの犯罪である。

 

- パスカル -


名言・格言

 

力なき正義は無力であり、

正義なき力は圧制である。

 

- パスカル -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 






This entry was posted in 学者・発明家の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.