山岡鉄舟の名言・格言




山岡鉄舟の名言・格言


山岡鉄舟(1836年~1888年)

江戸時代末期から明治初期の武士(幕臣)、政治家、思想家。剣・禅・書の達人として知られる。勝海舟、高橋泥舟らとともに江戸を戦火から救った「幕末の三舟」の一人。


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1836年7月23日(天保7年6月10日)、蔵奉行の四男として江戸本所(現在の東京都墨田区亀沢)に生まれる。

1845年、父が飛騨郡代となり、鉄舟は幼少期を飛騨高山で過ごす。

鉄舟は9歳から直心影流剣術を学ぶ。さらに、弘法大師流入木道51世の岩佐一亭に書を学び、井上清虎からは北辰一刀流剣術を学ぶ。

1852年、16歳の鉄舟は父の死に伴い江戸へ帰る。

1855年、19歳の鉄舟は武芸訓練機関である講武所に入り、千葉周作らに剣術を学ぶ。

また、山岡静山に忍心流槍術を学ぶも静山が急死。静山の弟・高橋泥舟らに望まれて、静山の妹と結婚し山岡家の婿養子となる。

1856年、20歳の鉄舟は剣道の技量抜群により、講武所の世話役となる。

1857年、清河八郎ら15人と尊王攘夷を標榜する「虎尾の会」を結成。

1862年、江戸幕府により浪士組が結成され、26歳の鉄舟は取締役となる。

1868年、32歳の鉄舟は精鋭隊歩兵頭格となる。同年、江戸無血開城を決した勝海舟(1823~1899)と西郷隆盛(1828~1877)の会談に先立ち、鉄舟は西郷と面会。

西郷は、江戸の民と主君の命を守るため、死を覚悟して単身敵陣に乗り込んだ鉄舟に心を動かされ、将軍慶喜の身の安全を保証。江戸無血開城への道が開かれる。

明治維新後は、徳川家達に従い、駿府に下る。清水次郎長とも意気投合。

1871年、35歳の鉄舟は廃藩置県に伴い新政府に出仕。静岡県権大参事、茨城県参事、伊万里県権令を歴任した。

1872年、西郷の依頼により、鉄舟は10年間の約束で宮中に出仕し、侍従として明治天皇に仕える。

1885年、鉄舟は一刀正伝無刀流を開く。

1887年、50歳の鉄舟は功績により子爵に叙される。

1888年7月19日、山岡鉄舟は皇居に向かって結跏趺坐のまま絶命。51年の生涯を閉じた。死因は胃癌であった。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

山岡鉄舟の名言・格言集




山岡鉄舟の名言(1)


名言・格言

 

鉄舟「修身二十則」
(鉄舟が満13歳の時に自身に課した人生訓)

 

嘘を言うべからず候

 
二 

君の御恩は忘るべからず候

 

父母の御恩は忘るべからず候

 

師の御恩は忘るべからず候

 

人の御恩は忘るべからず候

 

神仏ならびに長者を粗末にすべからず候

 

幼者をあなどるべからず候

 

己れに心よからざることは、

他人に求むべからず候

 

腹を立つるは、

道にあらず候

 

何事も不幸を喜ぶべからず候

 
十一

力の及ぶ限りは、

善き方につくすべく候

 
十二

他をかえりみずして、

自分のよきことばかりすべからず候

 
十三

食するたびに、

稼穡(※)の艱難を思うべし、

すべて草木土石にても、

粗末にすべからず候

※かしょく・・・種まきと収穫、農業

 
十四

ことさらに着物を飾り、

あるいはうわべをつくろう者は、

心に濁りあるものと心得べく候

 
十五

礼儀を乱るべからず候

 
十六

何時何人に接するも、

客人に接するように心得うべく候

 
十七

己の知らざることは、

何人にても習うべく候

 
十八

名利のために、

学問技芸すべからず候

 
十九

人にはすべて能不能あり、

いちがいに人をすて、

あるいは笑うべからず候

 
二十

己れの善行を誇り顔に人に知らしむべからず、

すべて我が心に恥ざるに務むべく候



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 幕末・明治維新の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.