岩崎弥太郎の名言・格言




岩崎弥太郎の名言・格言


岩崎弥太郎(1835年~1885年)

土佐出身の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得る。

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1835年1月9日(天保5年12月11日)、土佐国安芸郡井ノ口村(現:高知県安芸市)の地下浪人・岩崎弥次郎と美和の長男として生まれる。

岩崎家は甲斐武田家の末裔で、家紋も武田菱に由来するという伝承がある。

岩崎家は江戸中期に郷士として山内氏に仕えたが、天明の大飢饉で一揆が起きるなど混乱し、弥太郎の曾祖父の代に郷士の資格を売り、地下浪人となった。

弥太郎は、伯母が嫁いだ儒学者・岡本寧浦のもとで学ぶ。

1854年、19歳の弥太郎は奥宮慥斎の従者として江戸へ行き、朱子学者・安積艮斎の見山塾に入塾。

1855年、父が酒席での庄屋との喧嘩により投獄され帰国。奉行所に訴えるも、証人は庄屋の味方をしたため、「不正を罷り通すがが奉行所かよ」と訴え、壁に墨で「官は賄賂をもってなり、獄は愛憎によって決す」と大書したため弥太郎も投獄される。

弥太郎は獄中で同房の商人から算術や商法を学び、後に商業の道に進むきっかけとなった。

7 ヵ月後に出獄した弥太郎は村を追放されるも、当時蟄居中であった吉田東洋が開いていた少林塾に入塾。後藤象二郎らの知遇を得る。

弥太郎は東洋が参政となるとこれに仕え、藩吏の一員として長崎に派遣される。弥太郎は丸山花街で遊蕩し、資金がなくなり帰国。無断帰国であったため罷免され、官職を失った。

この頃、27歳の弥太郎は郷士株を買い戻し、郷士・高芝重春の次女、喜勢と結婚。

1867年、32歳の弥太郎は、欧米商人から船舶・武器を輸入したり、藩物産を販売していた土佐藩の開成館長崎商会の主任に命じられる。

同年、坂本龍馬が脱藩の罪を許されて亀山社中が海援隊として土佐藩の外郭機関となると、弥太郎は海援隊の活動も支えたという。

明治維新後、政府が藩営事業を禁止しようとしたため、土佐藩首脳林有造は1869年に海運業私商社として土佐開成社(後の九十九商会)を立ち上げ、弥太郎は事業監督を担当。

1871年、36歳の弥太郎は廃藩置県で土佐藩官職位を失ったため、九十九商会の経営者となる。

九十九商会は、1873年に三菱商会へ社名を変更。翌年、本店を東京日本橋南茅場町に移し、三菱蒸汽船会社へ社名変更。

この時、土佐藩主山内家の三葉柏紋と岩崎家の三階菱紋の家紋を合わせ、三菱のマーク「スリーダイヤ」をつくる。

1874年、弥太郎が39歳のときに三菱は台湾出兵の軍事輸送を受託。その後13隻の大型船を運航することになった三菱は大きく力をつけていく。

1875年、政府は有事の際の徴用を条件に三菱への特別助成を交付。船舶18隻が無償供与される。社名を郵便汽船三菱会社へ変更。

1877年、弥太郎が42歳のときに西南戦争(西郷隆盛を盟主にして起こった士族による武力反乱)が勃発し、三菱は社船の徴用を命じられる。この時の軍事輸送は、国家の信頼を得るとともに、三菱の一大発展の財政的基盤を築く。

1885年2月7日、岩崎弥太郎は病死。50歳の生涯を閉じた。

弥太郎の死後、三菱は熾烈なダンピングを繰り広げた共同運輸会社と合併して日本郵船となる。日本郵船は三菱財閥の源流といわれている。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

岩崎弥太郎の名言・格言集




岩崎弥太郎の名言(1)


名言・格言

 

 【 母の美和が残した岩崎家の家訓 】

 
一、天の道にそむかない

 

二、子に苦労をかけない

 

三、他人の中傷で心を動かさない

 

四、一家を大切に守る

 

五、無病の時に油断しない

 

六、貧しい時のことを忘れない

 

七、忍耐の心を失わない

 


名言・格言

 

小事に齷齪(あくせく)するものは大事ならず。

よろしく大事業経営の方針をとるべし。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

一たび着手せし事業は

必ず成功せしめざるべからず。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

断じて投機的な事業を企つるなかれ。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

国家的観念をもって

すべての経営事業にあたるべし。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

奉公至誠の念に

すべて寸時もこれを離るべからず。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

勤倹身を持し、

慈善人にまつべし。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

よく人材技能を鑑別し、

すべからく適材を適所に配すべし。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

部下を優遇するにつとめ、

事業上の利益は、

なるべく多くを分与すべし。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

創業は大胆に、

守成は小心たれ。

樽よりくむ水にまして、

洩る水に留意すべし。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

およそ事業をするには、

まず人に与えることが必要である。

それは、必ず大きな利益をもたらすからである。

 

- 岩崎弥太郎 -


名言・格言

 

機会は魚群と同じだ。

はまったからといって網をつくろうとするのでは

間に合わぬ。

 

- 岩崎弥太郎 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 幕末・明治維新の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.