謝ることは、負けることではない



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。
人生の支えとなる名言をご紹介します。
おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド

最近人気のあるコンテンツです。
英語の名言・格言【短文】
JAZZ おすすめ名曲・名盤
名言の心 【TOP 50】

元気がでる曲
自然の動画
おもしろい動画

今日の名言・格言

 

恨みを抱くな。

大したことでなければ、

堂々と自分のほうから謝ろう。

頑固を誇るのは小人の常である。

にっこり握手して自分の過ちを認め、

いっさいを水に流して出直そうと申し出てこそ、

大人物である。

 

- デール・カーネギー -

 

名言の心

 

今日の名言はアメリカ人によるものですが、

日本人は外国の方と比較して、

すぐに謝るという話しをきくことがあります。

 
ただ、日本人でも謝ることが苦手という方が

以外に多いのではないでしょうか。

 
職場でも、だれも謝らないことで

対立が生じてしまうケースをよくみかけます。

特に、何かのミスが発生したとき、

その原因が特定の個人によるものではなく、

チーム全体や

複数のチーム間にまたがるような場合など。

 
あのひとの事務ミス。

あのひとの確認もれ。

あのチームからの連絡が不十分など。

 
ミスが重なって発生した問題。

関係する担当者のそれぞれが

他のだれかのミスに不満をもっている。

自分に矛先がむかないようガードする。

 

とげとげしい雰囲気。

 

そんな状況をよい方向に変えたり、

そんな状況を避けるため、

上手に「すみませんでした」

の言葉をつかえる方がいます。

 
その方にとってみれば、

「すみません」も

「おはようございます」も

同じような効果をもつ言葉として

つかっているのかもしれません。

 
だれかが謝ることで

だれかの怒りがおさまっていく。

だれかの不安をとりのぞくことができる。

 
必ずしも自分に非がない場合でも

自分が謝ることで

みんなの感情を落ちつかせ

ぎくしゃくした人間関係も元の状態に戻していく。

 
その方は謝ることを

自分のプライドが傷ついたり

負けることとは考えていないようです。

 
また、その方に対する周囲の評価も

ミスをおかしたというネガティブな印象よりも

責任感のつよいひと、

反省・改善ができるひと、

信頼できるひと、

といった良いものなっているのではないでしょうか。

 
自分に非があり、

だれかに迷惑をかけたのであれば、

心から謝罪するのは当然ですが、

みんなが働きやすい環境をつくっていくための

貴く、価値のある「謝り」というのもあるのでしょう。

 
今日の名言にある

大人物というのは難しいですが

人間関係において

恨みを抱かず、頑固にならずを

心がけていきたいですね。

 

 

 

おすすめ音楽

I'm Sorry / ポップ(ドイツ)

Tommy Reeve (トミー・リーヴ)
歌詞 (一部和訳)
「君が本当に僕を必要としているとき 僕はそばにいなかった」 とてもせつなく心にしみる曲
【おすすめ!】 ★



spacer_3




This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.