猫と子どもの方が社会的? – 連載コラム「猫の名言」



連載コラム「猫の名言」

日本初のプロ民族音楽演奏家でもあり、現在「福岡猫の会」で病気の保護猫たちの看病を続けられている若林忠宏氏による連載コラム。猫や人間に関する世界の名言を紹介しながら、猫たちとの生活のなかで筆者が体験したことや気づかされたことをつづります。(「猫の名言」TOPページはこちら
 


Vol. 28 「猫と子どもの方が社会的?」

 
全ての猫が遊びにルールとしきたりを持つ。それは参加するプレーヤーによって様々だ。猫は、もちろんルールを破ることはない。もし、以前のルールに従わないことがあれば、単に新しいルールを作ったということだ。その新しいルールを急いで覚えて、遊びを続けるかどうかは、あなた次第だ。

Sidney Denham (シドニー・デンハム)
 

 この連載コラムで常々私は、「猫は独立(単独)棲の生き物」で「人間は群棲の生き物」と述べています。その度に、「なるほど!」と思って下さる方が居る一方で、その度に「納得いかない」という気持ちに駆られる人もいらっしゃる筈です。
 何故ならば、これら相反するふたつ共、人間の本質的かつ普遍的な心理であるからです。

 人間は、「群れに属し守られて生きる」ことを由(良し)とする心理を持つと同時に、「群れに埋没したくない=自我を見出したい」という心理を併せ持つのです。勿論ここにも個人差があり、同じ人でも時期によって異なったり、日々状況に応じて変化する人も少なくない筈です。

 デンハム氏は、表題で「遊びのルール」とおっしゃっていますが、前回(Vol.27)で述べた様に、基本的に心も体も健康的な猫は「同じことの繰り返しの日々」を好む「常同性」が強い生き物です。故に「遊びの場合」には限らないはずです。

 そしてそれはデンハム氏がおっしゃるように、「個々の猫によって異なる」のです。「ご飯だ!」となると決まって先にトイレに入る子、爪を研ぐ子、私におでこを撫でられるのが「しきたり」になっていて、自らでおでこを差し出す子。私のおでこに自分のおでこを当てて(結構強く)「ごっちん!」としてくれる子。開けられたケージの扉の鴨居におでこを押し付けて、「変顔」を見せてくれる子………….。と、実に様々です。

 これは、前述しましたように「しきたり」であり、個々の猫の「ルール」なのです。ところが、やはりデンハム氏がおっしゃるように、或る日突然しなくなることもあれば、別な「しきたり」に変更されることもあるのです。

 それら変更にも必ず必然的な理由があり、しばしば体調の良からぬ変化の時もありますから、私たちは、その謎解きに日々苦悶する訳です。

 このような猫の様子を見ると、「人間の子どもと大人」の違いについて、しみじみと考えさせらえます。

 子どもの頃は、「そんなことはしちゃ駄目!」「何故ならばそれが決まり(ルール)だから!」と叱られ、「勝手気まま・我が儘も駄目」と躾けられる。
 ところが、「そう言う大人はどうなんだ!」というと、かなりいい加減だったり、矛盾に満ちていて、それらは「反抗期」の正当性、大義名分にもなる訳です。

 
 ここ数年、聖職と呼ばれた職業の人や、公共的な仕事の人の信じられないような事件や、食品や建築の手抜きや不正が多く報じられます。
 そのような事件が「増えた」という実感は、報道のなせる印象操作もあるかも知れませんし、情報が昔より多く迅速に駆け回っている所為もあるのかも知れません。
 
 そもそも、思春期の頃に都合良く「ルールは破る為にあるものだ」などという台詞が、如何にも格好良く聞こえ、そんな気分の年頃に限ってそんな言葉が何処からとも無く聴こえて来るものです。

 つまり、子どもの頃に言い聞かされていたこと、「ルールを守るのが真っ当な社会人=大人」という方式は、どうも「嘘くさい」ということを痛感して行く姿こそが「大人になること」のような状態なのです。結果論としてですが。

 つまり、これ(大人こそルールを守らない)こそが事実、真実であるとして、では、「何が子どもで何が大人なのか?」ということが疑問・テーマになる筈だ、ということなのです。

 既に大人になった(一応?)私たちはまだしも、このことを我が子や孫に問われた際に、このテーマについて明確な答えを説くことが出来るのか? は、一度しっかり考えておく必要もあるかも知れません。

 
 かなり偏った極論かも知れませんが、私の持論・結論を申し上げるならば、「大人こそルールを守らず、子どもこそ見事にルールを守る」と言えます。

 大人は、まるで子どもの頃の「それしちゃ駄目、あれも駄目」の「束縛感・不自由感」から解放されただけでなく、かつての「恨みはらさずにいられよか?」とばかりに、自分の時間や自分のお金を手にした途端、「好きな時に好きなものを好きなだけ食べたり飲んだり」する。
 勿論、様々な制約があって、全てが「好き勝手に出来ない」。すると、それを「不満、ストレス」として被害意識を抱き、発散出来る時や勝手出来る時にそのウサをはらす。

 ところが、子どもたちを見ていると、実に真面目に真摯に「ルール」を守っているのです。限られた土地で、限られた道具の草野球では、「ホームラン禁止」だったり、それを破って代わりが無いボールを無くした場合、「弁償の掟」があった。

 尤も、「物質的に豊か」になった今日、「買って返せば良いんだろ!」という時代になってしまったかも知れませんが、それはそれで「便利が『ルールを守る精神』を阻害している」という皮肉な現象であると言えます。

 つまり、不便や物不足や、条件が限られていればいる程、子どもたちは智恵を出し、そこから生まれた「ルール」を自らで納得して遵守する訳です。逆にそれを守らない子は嫌われ、仲間外れになって行きます。「遊びがつまらないものになる」からです。
 
 要するに子どもたちは、「遊びがより楽しくなるために、ルールが必要である」と大人以上に真面目に真理を悟っているのです。

 大人だって本質的には同じ筈で、「手抜き・不正」をすれば、自分の仕事に誇りを持てなくなるばかりか、愛せない=辛いしんどいばかりなって行く。その分、お金が欲しくなり、そのお金で好き勝手をして「ストレス対策」とする、という、自作自演のおかしな悪循環にハマって行く訳です。

 勿論、そんな大人はごく一部でありましょうが、子どもの場合、殆どの子が「心からルールを大切にしている」と言うことは出来ます。そして、彼らの間では「ルールを大切にする子=良い奴」なのです。

 それと比べると、大人の中で、子どもと同等に「ルールを納得して、自分達に必要なものだ、と愛している」人は、ルールを守っている真面目な大人の中でも少ないのではないでしょうか?

 こう考えると、「子どもと大人とは?」の結論は、悲しいことに「子どもは真のルールを心から大切にする」であり「大人は、しかたなしのルールを嫌々守る」とさえ言えそうなのです。これはある意味「純粋さ」と同じ話しかも知れません。
 
 さすれば「子どもは幼稚で社会人としては未熟だが、大人は立派だ」という子どもの頃に強要された観念に対する「どうも違うっぽいぞ」という疑問は、ある程度正解だったと言えるような気がします。

 ただ、それでも人間の子どもたちの「ルール」は、二人以上で何かをする時に限られています。逆に、子どもが自分独りのために、自らで「ルール」を課すことはまず無いのでは? と思います。
 つまり「ルールに関する真面目さ」に関して子どもは、大人以上に「社会的」ということになります。

 ところが、猫たちは皆、自分自身で自分だけに「ルール」を課し、それを決して他者に要求しないのです。

 極めて純粋な「克己心、自律心」である。というのは、褒め過ぎでしょうか?

 
 最後までお読みくださってありがとうございます。

 
 民族音楽演奏家/福岡猫の会代表: 若林忠宏



 
連載コラム「猫の名言」
TOPページ ごあいさつ Vol. 1 Vol. 2 Vol. 3 Vol. 4 Vol. 5 Vol. 6 Vol. 7 Vol. 8 Vol. 9 Vol. 10 Vol. 11 Vol. 12 Vol. 13 Vol. 14 Vol. 15 Vol. 16 Vol. 17 Vol. 18 Vol. 19 Vol. 20 Vol. 21 Vol. 22 Vol. 23 Vol. 24 Vol. 25 Vol. 26 Vol. 27 Vol. 28 Vol. 29 Vol. 30 Vol. 31 Vol. 32 Vol. 33 Vol. 34 Vol. 35 Vol. 36 Vol. 37 Vol. 38 Vol. 39 Vol. 40 Vol. 41 Vol. 42 Vol. 43 Vol. 44 Vol. 45 Vol. 46 Vol. 47 Vol. 48 Vol. 49 Vol. 50

【関連ページ・サイト】
著者紹介(若林忠宏氏)

「福岡猫の会」
「民族音楽センター&若林忠宏」


spacer_3






★ おすすめ偉人の一覧

 
下の ” 「偉人の一覧」をチェック ” をクリックまたはタップすると偉人の一覧(全107名)が表示されます。

「偉人の一覧」をチェック


【文学家】
シェイクスピア (英語の名言) / ゲーテ (英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド (英語の名言) / マーク・トウェイン (英語の名言) / ヘミングウェイ (英語の名言) / トルストイ (英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー (英語の名言) / ドストエフスキー (英語の名言) / サン=テグジュペリ (英語の名言

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル (英語の名言) / オードリー・ヘップバーン (英語の名言) / ウォルト・ディズニー (英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー (英語の名言) / チャップリン (英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン (英語の名言) / パブロ・ピカソ (英語の名言) / ベートーヴェン (英語の名言) / ゴッホ (英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ (英語の名言) / ボブ・マーリー (英語の名言) / オプラ・ウィンフリー (英語の名言) / マイケル・ジャクソン (英語の名言) / ウディ・アレン (英語の名言) / ボブ・ディラン (英語の名言) / アンディ・ウォーホル (英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー (英語の名言) / キング牧師 (英語の名言) / リンカーン (英語の名言) / チャーチル (英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン (英語の名言) / ジョン・F・ケネディ (英語の名言) / ネルソン・マンデラ (英語の名言) / マーガレット・サッチャー (英語の名言) / マルコムX (英語の名言) / ジョージ・ワシントン (英語の名言

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー (英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール (英語の名言) / エレノア・ルーズベルト (英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン (英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー (英語の名言) / エジソン (英語の名言) / ソクラテス (英語の名言) / ニーチェ (英語の名言) / ダーウィン (英語の名言) / 孔子 (英語の名言) / ルソー (英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ (英語の名言) / ニュートン (英語の名言) / アリストテレス (英語の名言) / プラトン (英語の名言) / エマーソン (英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト (英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ (英語の名言) / マルティン・ルター (英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ (英語の名言) / デール・カーネギー (英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード (英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ (英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン (英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ (英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン (英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル (英語の名言) / 上杉謙信

【その他】
アンネ・フランク (英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー



 

「癒しツアー」人気コンテンツのご案内!


他の元気になるコンテンツ紹介です。

元気がでる曲
かわいい動物の動画
人間関係の悩み・ストレス


This entry was posted in 猫の名言 and tagged . Bookmark the permalink.