成長のための「逃げ道」



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。
人生の支えとなる名言をご紹介します。
おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド

最近人気のあるコンテンツです。
英語の名言・格言【短文】
JAZZ おすすめ名曲・名盤
名言の心 【TOP 50】

心にしみる曲
自然の動画
仕事の悩み・ストレス

今日の名言・格言

 

休息とは回復であり、

何もしないことではない。

 

- ダニエル・W・ジョセリンの名言・格言 -

 

名言の心

 

人間が他の動物と異なることのひとつとして、

自分の成長に喜びを感じるということが

あるのではないでしょうか。

 
動物であれば、食料があって

個々やグループが安全に生活できれば

十分に満足できるとおもいますが、

さらに人間の場合には、

目の前の試練をのりこえながら、

自分が成長していくことに

大きな喜びを感じるものです。

 
何かを達成したり、

だれかにほめられて、

本当にうれしそうな顔をしているひとをみると

わたしたちもあたたかい気持ちになったり、

その人のこれまでの努力を知っていれば、

ジーンときてしまうこともあります。

 
ただ、成長を求めて前進をすれば

かならず壁にぶちあたってしまうもの。

そして、その壁が

どのようなかたちとなって現れるかは

ひとそれぞれです。

 
これまで築いてきた自信をも失う。

自分のコンプレックスを強く意識してしまう。

信頼していただれかを信じられなくなってしまうなど。

 
その結果、

気持ちが落ちこみ、

集中することもできない。

もうあきらめたくなる。

 
なんとか心を落ちつかせないと

どうにもならない状態。

 
そのような状況におそわれても、

自分自身で考えを整理し、

心を前向きにコントロールできる方もいっらしゃいますが、

わたしもふくめ、

簡単には割り切れない、

消化しきれない方も多いのではないかとおもいます。

 
そんなときのために

問題や悩みをひとときでも忘れたり、

心を落ちつかせることのできる

 
『 逃げ道 』
 

を用意しておきたいもの。

 
それは、あなたをおもってくれる

家族であったり、友人であったり、恋人であったり。

没頭できる趣味であったり、

かわいらしいペットであったり、

尊敬している先輩であったり。

 

また、自分を信じられなくなったり、

目の前を壁に遮られることがあったとしても

それだけで、

あせったり、

何かをあきらめる必要はないのです。

 
壁にぶちあたることで経験する

痛みや悩み、失敗、失望などは、

まさに次の成長にとって必要なもの。

 
問題をかかえ、気持ちが落ちこみ、

それが心から離れない状態になってしまったら、

ゆっくりと休息をとりましょう。

 
今日の名言のとおり、

休息は、状況に変化をあたえ

きっとあしたへの力となるはずです。

 

 

 

おすすめ音楽

Hurricane / R&B(アメリカ)

Eric Benet (エリック・ベネイ)
歌詞 (一部和訳)
「僕は混乱のなかで立っている 穏やかに落ち着いて 変化の風が困惑させる 逃げる場所はなく 隠れる理由もない 僕は踏みとどまる すべての壁は崩れ落ち いま太陽が昇るのが聞こえる / ハリケーン それは痛みをあらいながしてくれるもの ハリケーン そして傷ついた心を癒してくれるもの」 ギターのかなでるメロディーが印象的。胸にひびく歌声です。
【おすすめ!】 ★★





spacer_3




先日、わたしのとっておきの『逃げ道』にいってきました。

長野県南佐久郡川上村にある廻り目平キャンプ場です。

うつくしい自然のなかでのキャンプと

大好きなフライフィッシングでリフレッシュしてきました。

はじめてのmyデジカメで撮影した写真も掲載しますので

よろしければごらんください。


廻り目平キャンプ場
廻り目平キャンプ場。標高1,500mの高さにあり、まわりは白樺林と珍しい形状をした岩石に囲まれています。あかるくさわやかな場所で、わたしのパワースポット!金峰山登山やクライミング(ボルダリングのメッカです)の方々でにぎわっています。


金峰山
うつりかわる山の天気と、幻想的な風景


森
白樺などのうつくしい森


森
森の先には。。


金峰山川
エメラルドグリーンに輝く、金峰山川が!


金峰山川
透明度のたかい水


金峰山川
太陽にてらされる森と川


金峰山川
雨があがり、かがやきはじめる岩や木々


フライフィッシング
では、つりの神様、ちからをかしてください(ひさびさのつりなので)!


イワナ
はじめのいっぴき!うつくしいヤマトイワナ。金峰山のヤマトイワナは、川底の白岩とおなじように色白さんが多いのが特徴です。ヤマトイワナは、他のイワナ(ニッコウイワナなど)のような白い斑点が目立たず、側面に紅色の小斑があります。


蝶
つりをしていると虫もあいさつにやってきます。腕にとまったうつくしい蝶


アブ
ちょっとうるさいアブ


フライフィッシング
つりの神様のおかげか、それほど大きくはないイワナがポンポンとつれていきます。
そして順調に川をつりあがっていくと、いかにも大物がいそうな、小さい洞窟のような場所にたどりつきました(この写真の場所とはちがいます)。


イワナ
距離をおいて、慎重に毛ばりを投げこむと、一投目でイワナがヒット。暗い場所に生息しているせいか、他の色白の魚とはちがう、うつくしい黄金色をしたイワナ。
そのときに、はじめての光景を目にしました!イワナが毛ばりから逃れようと必死にあばれ、わたしはバラさないよう徐々にイワナを引き寄せていきます。そしてイワナの姿がみえはじめたときに、必死にのがれようとするイワナのとなりに、もういっぴきのイワナが寄り添っているのです。普通であれば、他の魚は身の危険を感じて、すぐに逃げていくもの。あばれる相手を心配そうにしているつれ添いイワナにびっくり。つりあげたイワナの記念写真をとって、すぐにリリースをすると、つがい(?)のもとに戻っていきました。なんとも感動的です。


ケルン
川をつりあがっていくと、登山客が道しるべにする「ケルン」があります。水深が浅く、川を渡りやすい場所にあるようです。水はつめたいですよー


花
デジカメを手にしていると、普段はあまり気にすることが少ないものにも目がいきますよね!かわいいですね。


フライフィッシング
大きなえん堤。えん堤の下には魚があつまります。


ヤマトイワナ
今回のつりキャンプの3日間で一番おおきなイワナ。うつくしいヒレ。25センチくらいかな。魚はすべてリリースしました。


廻り目平キャンプ場
夜のキャンプ場。残念ながら空がくもっていて、満天の星空は次回へのおあずけとなりました。


廻り目平キャンプ場
朝のキャンプ場。平日なので人も少なく、いつも以上にのんびりとしています。寝ぼけたわたしの指も写ってしまいました。


フライフィッシング
一緒にキャンプにいったフライフィッシングの師匠。自作のバンブーロッド(竹でつくった竿)で、うつくしいつりをしていました。今回のつりキャンプには、泊まり組みが3人(岐阜、千葉、東京)、気合いの日帰り組みが3人(埼玉、東京)参加しました。みんな大のフライフィッシング好きで、たのしく、やさしく、ゆかいなつり仲間です!


フライフィッシング
水のなかで、ご満悦のわたし。


CDCカディス
今回、イワナの反応がよかった毛ばり(フライ)。CDC(鴨のお尻の毛)で巻いた、カディス(トビケラ)パターンです。(サイズ#12)


アント
雨が降ったあとに、川に流れおちるアリを模した、アントパターンをつかいました。夏の魚には、昆虫がごちそう。(パラシュート/サイズ#16)

また行きたい金峰山!



This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.