マルコムXの名言・格言




マルコムXの名言・格言


マルコムX(1925年~1965年)

米国の黒人公民権運動家。

マルコムXの英語の名言へ


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1925年、ネブラスカ州オマハに生まれる。牧師だった父は、白人に媚びて仕事をもらうことを良しとせず、自宅敷地内に家庭菜園を作りほぼ自給自足に近い生活を送った。そのため一家はKKK(白人至上主義団体)の標的にされ、1931年、父は人種差別主義者によって殺害された。その後、母は精神を病み、9人の子供たちはそれぞれ里子に出される。

白人の上流階級の家に引き取られたマルコムは、幼い頃から優秀な成績を収めていたが高校を中退。ボストンへ移り、靴磨きの仕事に就く。その後、ニューヨークのハーレムでギャンブル、麻薬取引、売春、ゆすり、強盗に手を染めた。

20歳のときに強盗の罪で逮捕。獄中でブラック・ムスリム運動に出会う。出所後、ネーション・オブ・イスラム教団(NOI:黒人の経済的自立を目指す社会運動および白人社会への同化を拒否し、黒人の民族的優越を説く宗教運動)のスポークスマンとなり、一躍名を知られるようになる。

しかし、教団指導者が少女を強姦し子を産ませていたことが判明。マルコムはNOIに失望し、告発。教団はマルコムを暗殺しようとしたが失敗に終わる。1964年3月にキング牧師と最初で最後の対面をしている。

その後、マルコムは伝統的イスラム教に回帰、アフリカ系アメリカ人統一機構を組織するが、NOIとの緊張は増加。1965年2月、教団の暗殺指令を受けた信者により銃殺された。

マルコムは、一時キング牧師を「弱腰」と批判していたが、晩年の2人の主張や姿勢は逆転していたとされている。ボクサーのモハメド・アリは、マルコムの思想に啓蒙され、イスラム教に改宗。ベトナム戦争の徴兵令も拒否した。マルコムの死後に出版された「マルコムX自伝」は、タイム誌によって20世紀の10冊の最も重要なノンフィクションの中の一つに選ばれた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

マルコムXの名言・格言集




マルコムXの名言(1)


名言・格言

 

この国では、黒人への弾圧、搾取、汚職が職務だ。

この政府は、ニグロを見捨てた。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

アメリカンドリームなんて見たことがない。

私にはアメリカの悪夢だ。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

私はアメリカ人ではない。

私は、アメリカニズムの犠牲者となった

2,200万人の黒人の中のひとりなのだ。

民主主義の犠牲者である

2,200万人の黒人の中のひとりなのだ。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

投票(ballot)は弾丸(bullet)に似ている。

あなたはターゲットを見る前には

投票しないだろう。

そして、そのターゲットは

あなたの届かないところにいて、

投票券をあなたのポケットのなかに

入れさせておく。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

前科者であることは恥ではない。

犯罪者であり続けることが恥だ。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

自由のために死ぬ覚悟がないのなら、

「自由」という文字を

お前の辞書から消すがいい。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

今こそ我々は、

我々の違いに目をつむるときである。

そして第一に、我々は同じ、

共通の問題を持っていると着目することが、

我々にとって最良であると認識するときなのだ。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

人種差別こそ

我々が直面させられているものだった。

このことは宗教を越えた問題である。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

白人は黒人の背中に30cmのナイフを突き刺した。

白人はそれを揺すりながら引き抜いている。

15cmくらいは出ただろう。

それだけで黒人は有難いと思わなくてはならないのか?

白人がナイフを抜いてくれたとしても、

まだ背中に傷が残ったままじゃないか。

※公民権運動は前進している、という主張に対して

 

- マルコムX -


名言・格言

 

それを伝えるのがだれであろうと、

私は真実の味方だ。

それに賛否を唱えるのがだれであろうと、

私は正義の味方だ。

私はなによりもまず人間だ。

だから人間として、

人類全体に利益をもたらすものであれば、

だれにでもどんな事柄にでも味方する。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

今日のアメリカのシーンで黒人は、

これ以上、

もう片方の頬を差し出すようなことはしない。

 

- マルコムX -


名言・格言

 

私の母校は書物、良き図書館だ。

残りの生涯をすべて

読書に費やしてもいいと思える。

 

- マルコムX -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3







This entry was posted in 政治家・指導者の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.