プラトンの名言・格言




プラトンの名言・格言


プラトン(紀元前427年~紀元前347年)

古代ギリシアの哲学者。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流。

プラトンの英語の名言へ


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

紀元前427年、アテナイ最後の王の血を引く貴族の息子として、アテナイ(現在のギリシャ首都アテネ)に生まれる。名前はアリストクレスであったが、体格が立派で肩幅が広かったため、レスリングの師匠に「プラトン」(幅広いという意味)と呼ばれ、以降そのあだ名が定着した。

若い頃は政治家を志していたが、やがて政治に幻滅して、ソクラテスの門人として哲学と対話術を学んだ。紀元前399年、ソクラテスは「アテナイの国家が信じる神々とは異なる神々を信じ、若者を堕落させた」などの罪状で裁判にかけられる。ソクラテスは自説を曲げたり自身の行為を謝罪することをせず、死刑を言い渡され、毒杯を仰いで刑死。

ソクラテスの死後、プラトンはアテナイを離れ、イタリア、シチリア島、エジプトを遍歴。紀元前387年にアテナイ郊外に学園(アカデメイア)を設立。アカデメイアでは、天文学、生物学、数学、政治学、哲学などが教えられ、教師と生徒の問答によって教育が行われた。紀元前367年には、17歳のアリストテレスが入門し、プラトンが亡くなるまでの20年間学業生活を送った。

紀元前367年、プラトンの弟子ディオン(シュラクサイの政治家)の懇願を受け、シチリア島のシュラクサイへ旅行。シュラクサイの若き君主を指導して哲人政治の実現を目指すも、到着4ヶ月後にディオンが追放され、不首尾に終わる。紀元前361年には、シュラクサイの君主自身からの強い希望によりシュラクサイを訪れるが、再び政争に巻き込まれ、プラトンも軟禁される。その後、友人の政治家の助力を得て、辛くもアテナイに帰郷。

哲人政治の夢は、紀元前353年にディオンが政争により暗殺されたことによって途絶える。晩年のプラトンは、著述とアカデメイアでの教育に力を注ぎ、紀元前347年、80歳で没した。

初期のプラトンは、敬虔や勇気といった古代ギリシアの伝統的な徳とは何か、それは教えられるものかどうか、といったことを探求したが、最後には行き詰まりに至る。中期には、世界を目に見える現実の世界「現実界」とその元になる完全にして真実の世界「イデア界」とに分けるイデア論を展開した。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

プラトンの名言・格言集




プラトンの名言(1)


名言・格言

 

老齢は明らかに迅速なり。

われらに必要以上に迅速に切迫す。

 

- プラトン -


名言・格言

 

偉大な人物たらんとする者は、

自分自身や自分に属するものをではなく、

正しいことをこそ愛すべきなのだ。

 

- プラトン -


名言・格言

 

人間のことは何にてあれ、

大いなる心労に値せず。

 

- プラトン -


名言・格言

 

自分に打ち勝つことが、

最も偉大な勝利である。

 

- プラトン -


名言・格言

 

あなたの悲哀がいかに大きくても、

世間の同情を乞おうとしてはならない。

なぜなら、同情の中には

軽蔑の念が含まれているからだ。

 

- プラトン -


名言・格言

 

嫉妬深い人間は、

自ら真実の徳をめざして努力するよりも、

人を中傷するのが、

相手を凌駕する道だと考える。

 

- プラトン -


名言・格言

 

親切にしなさい。

あなたが会う人はみんな、

厳しい闘いをしているのだから。

 

- プラトン -


名言・格言

 

愛に触れると誰でも

詩人になる。

 

- プラトン -


名言・格言

 

目は心の窓である。

 

- プラトン -


名言・格言

 

人間の最も基本的な分類として、

「知を愛する人」

「勝利を愛する人」

「利得を愛する人」

という三つの種類がある。

 

- プラトン -


名言・格言

 

哲学というものは、

たしかに結構なものだよ。

ひとが若い年頃に、

ほどよくそれに触れておくぶんにはね。

しかし、必要以上にそれにかかずらっていると、

人間を破滅させてしまうことになるのだ。

 

- プラトン -


名言・格言

 

驚きは、知ることの始まりである。

 

- プラトン -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 学者・発明家の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.