升田幸三の名言・格言






升田幸三(1918年~1991年)

日本の将棋棋士、実力制第四代名人。

升田幸三 おすすめ書籍


1918年、現在の広島県三次市に生まれる。13歳のとき、日本一の将棋指しを目指して家出。その際、母の物差しの裏に「この幸三、名人に香車を引いて(香落ちのハンデキャップで)勝ったら大阪に行く」と書き残す。

その後、大阪の木見金治郎八段の門下生となる。同門の後輩には、終生のライバル大山康晴(十五世名人)がいた。初段(プロ)になるまでが長かったが、その後は頭角を現す。

戦争を挟んで木村義雄(十四世名人)と死闘を演じ、木村義雄の引退後は大山康晴と覇を競った。1957年、将棋史上初の三冠(名人・王将・九段)制覇を成し遂げた時、「たどり来て、未だ山麓」の言葉を残す。

升田幸三は、魅せる将棋を大切にし、既成の定跡にとらわれず数々の新手を指し、「将棋というゲームに寿命があるなら、その寿命を300年縮めた男」と評された。

大きな功績を残したが、戦争中に患った病気がもとで体調を崩し、晩年は休場の年も多かった。タイトルなどの実績面では大山康晴に押され、永世名人などの称号は得られず、1979年に引退。しかし、将棋連盟は新たな称号をつくり、実力制第四代名人の称号を贈った。

升田幸三の棋風を慕う棋士は多く、羽生善治も将棋を指したい人は誰かと言う問いに「升田先生」と述べている。

なお、1956年、大山名人(当時)との王将戦で、名人を香落ちに指し込み、勝利。家出の際の「名人に香車を引いて勝つ」を実現した。後にも先にも、名人を相手に香車を引いて対局をしたのは升田幸三ただ一人であり、名人に香車を引いて勝ったのも升田幸三のみである。

Wikipedia(日本語版)


 

升田幸三の名言・格言集

升田幸三の名言メニュー
升田幸三の名言(1)
升田幸三の名言(2)

おすすめ偉人の一覧 (全100名)

【関連ページ】
羽生善治の名言・格言




升田幸三の名言(1)


名言・格言

 

人生は将棋と同じで、

読みの深い者が勝つ。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

全局のことでも、

また局部、局部のことでも、

その一手の差を慎重に、

そして最善をつくす人が、

「勝ち」にゆくわけで、

一手ぐらいなどといって、

気楽にしとるやつが、

結局は敗北につながる。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

イチかバチかのやけっぱち

みたいなことをやるのを、

勝負師という人があるが、

これは間違いです。

そういうのは勝負師とはいわない、

賭博師という。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

棋士は無くてもいい商売だ。

だからプロはファンにとって

面白い将棋を指す義務がある。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

人はだれでも特異な存在であり、

無から有を創り出す力を授かっている。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

時代は変わっても、

人間を磨くのは目的に挑戦する

苦労だということは変わりません。

いまの人も苦労はしてるが、

それは物欲を満たす苦労で、

自分独特、独創の苦労ではない。

どんな世界でも同じだと思う。

プロとアマの違いは

アマは真似でも通用するが、

プロの道は独創。

またそうでなきゃ通用しない。

だから苦しいが喜びも計り知れない。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

一人前になるには

50年はかかるんだ。

功を焦るな。

悲観するな。

もっと根を深く張るんだ。

根を深く張れ。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

錯覚いけない、

よく見るよろし。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

一心になれる人というのは、

自分の人生を完成しますな。

世にいう成功者の秘訣というのは、

これじゃないかと思う。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

大切なのは創造です。

人真似を脱し、

新しいものをつくり出すところに、

進歩が生まれる。

 

- 升田幸三 -


名言・格言

 

アマチュアは駒を

動かしただけなんです。

「指した」ということとは

別のことですよ。

 

- 升田幸三 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in 世界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.