勝海舟の名言・格言




勝海舟の名言・格言


勝海舟(1823年~1899年)

江戸時代末期から明治初期の武士(幕臣)、政治家


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1823年、江戸、現在の墨田区両国に生まれる。勝家は無役の旗本。幼少時に11代将軍、徳川家斉の孫となる一橋慶昌の遊び相手として江戸城へ召される。一橋家の家臣として出世する可能性もあったが慶昌は早世。修業時代には、剣術、禅、蘭学を学ぶ。

1853年にペリー艦隊が来航。開国を要求され、幕府は海防に関する意見書を幕臣から町人に至るまで広く募集。勝海舟の意見書が老中の目にとまり、念願の役入りを果たす。

その後、長崎の海軍伝習所に入門。1860年、幕府は日米修好通商条約の批准書交換のため、遣米使節をアメリカ・サンフランシスコへ派遣。護衛を目的に咸臨丸も渡航、勝海舟は補充員として乗船した。同船には、通訳のジョン万次郎、福澤諭吉らも乗船。

1862年、軍艦奉行に就任。神戸に海軍塾を作り、薩摩や土佐の脱藩者らも塾生となる。この塾頭が坂本龍馬。勝海舟は、幕府の海軍ではない「日本の海軍」建設を目指すが、保守派から睨まれて軍艦奉行を罷免。

1867年、徳川慶喜は大政奉還を建白。しかし、1868年に鳥羽・伏見にて旧幕府軍と薩摩藩との間で戦端が開かれ、薩摩藩・長州藩を中核とした官軍・新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦う戊辰戦争へと拡大。

1868年、官軍の東征が始まると、旧幕府は勝海舟を呼び戻し、軍事総裁として全権を委任。勝は早期停戦と江戸城の無血開城を主張し、和平交渉が始まる。まず、山岡鉄舟西郷隆盛との交渉に向かわせて基本条件を整え、江戸城総攻撃の直前に勝海舟が西郷隆盛と会談、江戸城開城と徳川宗家の今後などについて交渉し、江戸城下での市街戦は回避された。

明治維新後も旧幕臣の代表格として、外務大丞、兵部大丞、参議兼海軍卿などを歴任。晩年の人生は、徳川慶喜を明治政府に赦免させることに捧げた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

勝海舟の名言・格言集




勝海舟の名言(1)


名言・格言

 

何でも大胆にかからねばならぬ。

難しかろうが、

易しかろうが、

そんな事は考えずに、

いわゆる無我の境に入って

断行するに限る。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

外国へ行く者が、

よく事情を知らぬから知らぬからと言うが、

知って行こうというのが良くない。

何も用意しないでフイと行って、

不用意に見て来なければならぬ。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

行いは己のもの。

批判は他人のもの。

知ったことではない。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

事を成し遂げる者は

愚直でなければならぬ。

才走ってはうまくいかない。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

人には余裕というものが無くては、

とても大事はできないよ。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

その人がどれだけの人かは、

人生に日が当たってない時に

どのように過ごしているかで図れる。

日が当たっている時は、

何をやってもうまくいく。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

人の一生には、

炎の時と灰の時があり、

灰の時は何をやっても上手くいかない。

そんなときには何もやらぬのが一番いい。

ところが小心者に限って

何かをやらかして失敗する。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

世の中に

無神経ほど強いものはない。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

自分の価値は自分で決めることさ。

つらくて貧乏でも

自分で自分を殺すことだけは

しちゃいけねぇよ。

 

- 勝海舟 -


名言・格言

 

生死を度外視する決心が固まれば、

目前の勢いをとらえることができる。

難局に必要なことはこの決心だけだ。

 

- 勝海舟 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 幕末・明治維新の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.