宮本武蔵の名言・格言




宮本武蔵の名言・格言


宮本武蔵(1584年~1645年)

江戸時代初期の剣術家、兵法家、二刀を用いる二天一流兵法の祖。


武蔵は、美作国宮本村で生まれたという説があり、また吉川英治の小説『宮本武蔵』でもその説が採用されたため広く知られている。

武蔵の『五輪書』によると、13歳で初めて有馬喜兵衛と決闘し勝利、以来29歳までに60回以上の勝負を行い、すべてに勝利している。

1600年の関ヶ原の戦いでは、東軍として父と共に九州で戦った可能性が高いとされる。武蔵の勝負の中で特に有名なものは「巌流島の決闘」であり、小倉藩領の舟島で岩流なる兵法者と戦ったとされる。1638年の島原の乱では、小倉城主に従い養子の伊織と出陣、一揆軍の投石によって負傷したとの記録がある。

1640年、熊本城主細川忠利に客分として招かれ熊本に移る。屋敷が与えられるなど破格の待遇で迎えられる。 1643年に『五輪書』の執筆を始め、1645年、亡くなる直前に『五輪書』および『独行道』を弟子に与える。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

宮本武蔵の名言・格言集




宮本武蔵の名言(1)


名言・格言

 

我、神仏を尊びて、

神仏を頼らず。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

心、常に、

道を離れず。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

身を浅く思ひ、

世を深く思ふ。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

一理に達すれば

万法に通ず。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

何れの道にも、

別れを悲しまず。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

我、事において

後悔せず。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

身を捨てても

名利は捨てず。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

一生の間、

欲心を思わず。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

空を道とし、

道を空とみる。

 

- 宮本武蔵 -


名言・格言

 

千日の稽古をもって

鍛となし、

万日の稽古をもって

錬となす。

 

- 宮本武蔵 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in 武将・軍人の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.