瀬戸内寂聴の名言・格言



瀬戸内寂聴の名言(孤独)


名言・格言

 

人間は生まれた時から一人で生まれ、

死ぬ時も一人で死んでゆきます。

孤独は人間の本性なのです。

だからこそ、

人は他の人を求め、愛し、

肌であたため合いたいのです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

この世は変化するものだと思っていれば、

どんな事態に直面しても度胸が据わります。

孤独の問題も同じです。

お釈迦様は人間は一人で生まれてきて、

一人で死んでいくとおっしゃいました。

最初から人間は孤独だと思っていれば、

たとえひとちぼっちになったとしても、

うろたえることはありません。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

結局、人は孤独。

好きな人と同じベッドで寝ていても、

同じ夢を見ることはできないんですもの。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

自分が孤独だと感じたことのない人は、

人を愛せない。

 

- 瀬戸内寂聴 -



≪瀬戸内寂聴の名言(悲しみ・苦しみ)へ続きます≫

   ページ先頭へ

 

瀬戸内寂聴の名言(悲しみ・苦しみ)


名言・格言

 

どんな悲しみや苦しみも

必ず歳月が癒してくれます。

そのことを京都では

『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。

時間こそが心の傷の妙薬なのです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

私は多く傷つき、

多く苦しんだ人が好きです。

挫折感の深い人は、

その分、愛の深い人になります。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

悩みから救われるには

どうしたらいいでしょうという

質問をよく受けます。

救われる、救われないは、

自分の心の問題です。

とらわれない心になれば救われます。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

心を込めて看病してきた人を亡くし、

もっと何かしてあげればよかったと

悲しみ悔んでも、

亡くなった方は喜びません。

メソメソしているあなたを見て

ハラハラしていることでしょう。

早く元気を取り戻してください。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

人間に与えられた恩寵に

「忘却」がある。

これは同時に劫罰でもあるのですが。

たとえ恋人が死んでも、

七回忌を迎える頃には笑っているはず。

忘れなければ生きていけない。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

別れの辛さに

馴れることは決してありません。

幾度繰り返しても、

別れは辛く苦しいものです。

それでも、私たちは

死ぬまで人を愛さずにはいられません。

それが人間なのです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

病気は神さまの与えてくださった

休暇だと思って、

ありがたく休養するのが一番いい。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

人生にはいろいろなことがあります。

しかし、悲しいことは忘れ、

辛いことはじっと耐え忍んでいきましょう。

それがこの四苦八苦の世を生きる

唯一の方法ではないかと思います。

 

- 瀬戸内寂聴 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 文学界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.