瀬戸内寂聴の名言・格言



瀬戸内寂聴の名言(人生)


名言・格言

 

私たちの生きているこの世で

起きることにはすべて原因がある、

これが「因」です。

起こった結果が「果」です。

因果応報というように、

必ず結果は来るのです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

人間は、元々そんなに賢くありません。

勉強して修行して、

やっとまともになるのです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

いろんな経験をしてきたからこそ、

あなたの今があるのです。

すべてに感謝しましょう。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

あなたはたった一つの

尊い命をもってこの世に生まれた、

大切な存在です。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

死というものは、

必ず、いつか、みんなにやって来るもの。

でも、今をどのように生きて行くか、

何をしたいか、

生きることに本当に真剣になれば、

死ぬことなんて怖くなくなるもんです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

人間は生まれる場所や立場は違っても、

一様に土にかえるか海に消えます。

なんと平等なことでしょう。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

人間は善悪両方を持っています。

それを、自分の勉強や修行によって、

善悪の判断をし、

悪の誘惑に負けずに善行を積んでいくことが

人間の道なのです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

生かされているのですから

素直に有り難いと思いましょう。

生きている値打があるから

生かされているのですもの。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

年を取るということは、

人の言うことを聞かないでいい

ということだと思います。

あとちょっとしか生きないんだからと

好きなことをしたらいいんです。

周りを気にして

人生を狭く生きることはありません。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

夜の熟睡を死んだように眠る

とたとえるのは、

適切な表現かもしれません。

人は夜、眠りの中に死んで、

朝目を覚ます時は

死から甦るのだと考えられるからです。

「日々これ新たなり」ですね。

 

- 瀬戸内寂聴 -



≪瀬戸内寂聴の名言(心)へ続きます≫

   ページ先頭へ

 

瀬戸内寂聴の名言(心)


名言・格言

 

人は、不幸のときは一を十にも思い、

幸福のときは当たり前のようにそれに馴れて、

十を一のように思います。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

人間はいつも無いものねだりなのです。

そして心はいつも満たされない思いで、

ぎしぎし音を立てています。

欲望はほどほどに抑えましょう。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

とにかく人のことが

気になって気になってしょうがない、

これが物事にとらわれている心です。

そういう心を無くさない限り、

心は安らかになりません。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

自由に生きるとは、

心のこだわりをなくすことです。

自分の心を見つめて、

ひとつでもふたつでも、

そこに凝り固まっているこだわりを

ほぐしていくことが大切です。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

心のこだわりをなくそうとするなら、

まず人に施すことから始めてください。

施すのが惜しい時は

なぜ惜しいかを

徹底的に考えてみることです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

心の風通しを良くしておきましょう。

誰にも悩みを聞いてもらえず

うつむいていると病気になります。

信頼できる人に相談して、

心をすっとさせましょう。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

人に憎しみを持たないようにすると、

必ず綺麗になりますよ。

やさしい心と奉仕の精神が

美しさと若さを保つ

何よりの化粧品なのです。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

人は所詮一人で生まれ、

一人で死んでいく孤独な存在です。

だからこそ、

自分がまず自分をいたわり、

愛し、かわいがってやらなければ、

自分自身が反抗します。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

美しいもの、けなげなもの、

可愛いもの、

または真に強い勇ましいものに感動して、

思わず感情がこみあげて、

涙があふれるというのは

若さの証しです。

ものに感動しないのが

年をとったということでしょう。

 

- 瀬戸内寂聴 -


名言・格言

 

木々の緑や紅葉や美しい花が

地球から消え去ったら、

人間の暮らしは殺風景になり、

感動することがなくなってしまうでしょう。

 

- 瀬戸内寂聴 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 文学界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.