本田圭佑の名言・格言






本田圭佑(1986年~)

日本の現役サッカー選手。高度なテクニックと強靭なフィジカル、優れた得点力を備えた選手として、日本代表、セリエAのACミランにて活躍中。

本田圭佑 おすすめ書籍


1986年、大阪府摂津市に生まれる。小学校2年生のときに地元の摂津FCに入団してサッカーを始める。中学入学後、ガンバ大阪ジュニアユースに所属するもユースチームへの昇格ができず、石川県星稜高校へ進学。

高校卒業後に「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条件で名古屋グランパスとプロ契約を結ぶ。2005年にはU-20日本代表として招集、翌年にはA代表にも飛び級で招集される。

2008年にオランダのVVVフェンローへ移籍、2010年からはロシアの強豪CSKAモスクワに所属。2012年、イタリア・セリエAの強豪SSラツィオへの移籍が取り沙汰されたが、高額な移籍金がネックとなり破談。

2013年12月、CSKAモスクワからイタリアセリエA、ACミランへの移籍が発表され、2014年1月に自ら希望した背番号「10番」でセリエAデビューを果たす。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

本田圭佑の名言・格言集




本田圭佑の名言(1)


名言・格言

 

結局、みんなが嫌がることを

我慢してできるかどうかなんですよ。

オレはスーパーマンでもなんでもない。

ただみんなが嫌なこともやれるし、

夢のためにやりたいことも我慢できる。

それを本当に徹底していて、

あとは人よりも思いがちょっと強いだけ。

その差が結果に現れたりするんですよ。

 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

何でもスムーズに上に行くことはないと思うし、

一度や二度の挫折は誰にでもある。

一番重要なのは、

その挫折から立ち直れるか、

立ち直れないかだと思う。

 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

ただ、勘違いしちゃいけないのは、

下に落ちるっていうことが、

進化してないということではないんですよ。

下に落ちるのも、

次に昇るための変化かもしれない。

昇るために、

落ちることが必要なこともある。

 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

俺の人生は挫折の連続なんです。

でもそこからはい上がろうとして、

未知の世界を知ることもある。

 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

最近、身近な人にウサギとカメの

話をよくするんですよ。

日本人は足も遅いし、

身体も弱い。

そのカメがウサギに勝とうと思ったら、

進み続けないといけない。

悩んでいる同級生とかがいたら、

それをぶつけますね。

「どうやったら勝てるか考えろ。

進み続ける以外にないやろう」って。
 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

ライバルに差をつけたいのなら、

環境を変えてほしい。

なんだかんだ言っても

一度ぬるま湯に浸かってしまうと、

なかなか抜け出せない。

だから、「何か物足りない」と思ったら、

自分のことを知らない環境に

飛び込んで行ってほしいと思う。

 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

ひとりでも多くの子に、

勝負の楽しさを知ってもらいたい。

負けず嫌いな気持ちを前面に出してもらいたい。

 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

俺ってすごくポジティブな性格だけど、

裏を返せば、実はすごく不安な性格なんです。

不安だから努力しようと思う。

簡単に言えば強がっているんですよ。

 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

これがサッカーです。

自分より強い相手がいて、

それに勝つためにやる。

悔しい思いをしてこそ成長できる。

 

- 本田圭佑 -


名言・格言

 

基本的に小さいころから

サッカーは倒れたら負けというつもりでやってきた。

あそこはうまく倒れて、

PKをもらう選手がうまい選手だとしたら、

おれはいい選手ではない。

 

- 本田圭佑 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in スポーツ・格闘技界の偉人. Bookmark the permalink.