福山雅治 / J-POP・邦楽 おすすめ曲・PV






福山 雅治 (ふくやま まさはる)
生年月日 (性別): 1969/2/6 (男性)
出身地: 日本・長崎県長崎市
ジャンル: J-POP、ポップ・ロック
職業: シンガーソングライター、俳優、作詞家、作曲家、写真家、音楽プロデューサー
活動期間: 1988年 ~ 現在

高校卒業後4か月間のサラリーマン生活を経て、18歳で少女隊のバックバンドを目指して上京。当時は昭島市緑町に在住し、福生の横田基地の近くにある材木屋でアルバイトをしていた。1990年にシングル「追憶の雨の中」でデビュー。初期は俳優として注目されていたが、本人はそれをあまり好んではいなかった。1994年発売のシングル「IT’S ONLY LOVE」で初のオリコンチャート1位を獲得。シングルでは「IT’S ONLY LOVE」「HELLO」「桜坂」の3作品がミリオンセラーを達成している。

Wikipedia(日本語版) / 公式サイト

偉人の名言・格言
かわいい動物の動画
仕事の悩み・ストレス

福山雅治

家族になろうよ / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「”100年経っても好きでいてね” みんなの前で困らせたり それでも隣で笑ってくれて 選んでくれてありがとう どれほど深く信じ合っても わからないこともあるでしょう その孤独と寄り添い生きることが ”愛する”ということかもしれないから… いつかお父さんみたいに大きな背中で いつかお母さんみたいに静かな優しさで どんなことも越えてゆける 家族になろうよ」

Squall / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「さっきまでの通り雨がウソみたいにキレイな空 そんなふうに微笑むから いつのまにかうれしくなるよ ちょっと大きなあなたのシャツ 通した袖をつまんでみた 今… 私恋をしている 哀しいくらい もう隠せないこの切なさは もっといっしょにいたい ふたりでいたい 叶えて欲しい 夏の憧れ さがしてた あなただけ…」

HELLO / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「そんなはずはないさ それはわかってる 25時の電話のベル 土曜日の仕事 こんなはずじゃないさ それもわかってる ため息で塗り変えられた週末の予定 ガラスの夜空 君を映すとき 叶わぬ夢数えて眠れない夜 恋が走り出したら 君が止まらない まだ誰も知らない ときめき抱きしめて 君と笑顔 つかまえるのさ きっと」

虹 / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「聞いて欲しい歌があるよ いつか言いたかった言葉があるよ それは特別なことなんかじゃないんだ そうそれは難しいことなんかじゃないんだ ただ地図を広げて ただ風を待ってたんだ 答えもなくいま僕は行くのさ イメージの向こう側へ 僕の向こうへと さぁ飛び立とう」

桜坂 / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ Woo Yeah 愛は今も愛のままで 揺れる木漏れ日 薫る桜坂 悲しみに似た薄紅色 君がいた 恋をしていた 君じゃなきゃダメなのに ひとつになれず 愛と知っていたのに 春はやってくるのに Woo Yeah 夢は今も夢のままで」

あの夏も 海も 空も / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「青い青い八月の空に放ったあのメロディ ”希望” それをチカラに君を明日を歌ってた 夜明け前に抜けだそう 誰も知らない海へ行こう ふたり すべては許されない 恋と知りながら走り出した 夢を話したね 時にはケンカしても僕らひとつだった あんなに笑ってあんなに泣いていたね ふたりでいればなにも怖くなかった 苦しいくらいに本当の恋をしてたね いつも裸の心で抱き合ってた あの夏も海も空も いつまでも忘れないよ」

Milk Tea / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「”ごめんね” どうして素直に言えないんだろう ”ありがとう” 本当はねいつでも思ってる 口べたなとこ 背が高いとこ 嫌いじゃないかな 好きになってくれるかな 愛したい あなたに逢いたい いまこの胸の奥で叫んでるよ 愛される明日を夢見る もうこの心ぜんぶあなたのもの あなただけのもの」

IT'S ONLY LOVE / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「恋人にはもどらない 僕は僕のものになって 好きな夢を見てる 週末は特別じゃなく 気ままな時間(とき) 感じてる きっと自由なんだ なぜだろう 胸の痛み 風に誘われ海へ来たのか 愛だけは忘れたはずさ 君のこと忘れたいよ どうしてさまたひとつ風が想い出運んで あふれる涙は IT’S ONLY LOVE」


– END –

癒しのガイド

spacer_3



 

アーティストを探す (J-POP・邦楽)






This entry was posted in J-POP・邦楽 おすすめ曲 and tagged , , . Bookmark the permalink.