CHARA / J-POP・邦楽 おすすめ曲・PV






CHARA (ちゃら)
生年月日 (性別): 1968/1/13 (女性)
出身地: 日本・埼玉県川口市
ジャンル: J-POP、オルタナティブ・ロック
職業: シンガーソングライター、女優
活動期間: 1991年 ~ 現在

4歳からピアノを始め、小学校の頃から作曲を始める。高校卒業後、ピアノの調律の専門学校に入学するが、持っていたイメージとの相違が原因で1年で退学。その後キーボード担当としてバンドに参加。20歳の時に自作の歌を歌うためにボーカルに転身、新宿RUIDOで初ステージを踏む。デモテープがきっかけとなり、1991年9月シングル「Heaven」でデビュー。1992年、セカンドアルバム「SOUL KISS」で第34回日本レコード大賞ポップス・ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞した。

Wikipedia(日本語版) / 公式サイト

偉人の名言・格言
自然の動画
仕事の悩み・ストレス

CHARA

Swallowtail Butterflyあいのうた/JPOP(日本)

歌詞 (一部)
「止まった手のひら ふるえてるの 躊躇して この空の 青の青さに心細くなる 信じるものすべて ポケットにつめこんでから 夏草ゆれる線路を 遠くまで歩いた 心に 心に 痛みがあるの 遠くで蜃気楼 揺れて あなたは雲の陰に 明日の夢を追いかけてた 私はうわの空で 別れを想った 汚れた世界に 悲しさは響いてない どこかに通りすぎてく ただそれを待つだけ 体は 体で 素直になる 涙が止まらない だけど ここから何処へいっても 世界は夜を乗り越えていく そしてあいのうたが 心に響きはじめる」

Junior Sweet / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「みつめて 手にふれてたいの みあげて たしかめて愛を あびて あびて あびて ねえたすけて この身をこがして この世界には二人だけ みたいにして あぁほんとに ほんとに甘く 愛することを 2人の喜びにして 偉大な恋の研究家 あなたと私で追いかけるの みえない愛の形 “それは、とても感じるものだから…”」

Violet Blue / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「優柔不断が 横ぎっていく 渋滞の道路を渡りはじめてしまったのよ むこうで まっているのは 魂のぬけた 鳥カゴの中で ”…彼がすべてだったはずよ…” 息ぐるしい朝  つめの先までも Blue Violet Blue そまっちゃってもう あなたの目はそう Blue Violet Blue Violet Blue 愛してるわ ゆうべと変わらない同じくりかえし ノルマの為に今日もくりかえす日々 日々 地下鉄の階段の途中で途方に暮れちゃって ”やだ涙が…いいことないかなあ…” って ため息ばかりで息ぐるしい朝」

Tomorrow / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「The sun’ll come out Tomorrow, Bet your bottom dollar That tomorrow There’ll be sun! Jus’ thinking about Tomorrow Clears away the cobwebs And the sorrow Till there’s none. When I’m stuck with a day That’s gray and lonely, I just stick out my chin And Grin And Say」


– END –

癒しのガイド

spacer_3




 

アーティストを探す (J-POP・邦楽)






This entry was posted in J-POP・邦楽 おすすめ曲 and tagged , , . Bookmark the permalink.