宇多田ヒカル / J-POP・邦楽 おすすめ曲・PV






宇多田 ヒカル (うただ ひかる)
生年月日 (性別): 1983/1/19 (女性)
出身地: アメリカ合衆国ニューヨーク州
ジャンル: J-POP、R&B、ダンス・ミュージック、オルタナティヴ・ミュージック
職業: シンガーソングライター、編曲家
活動期間: 1998年 ~ 現在

1998年12月、宇多田ヒカルとしてファースト・シングル「Automatic/time will tell」でデビュー。一気に人気に火がつきデビュー曲はいきなりミリオンセールスを記録。1999年3月、ファースト・アルバム「First Love」を発売。日本国外を含めると990万枚以上を出荷し、日本のアルバム歴代チャート1位に輝く。2010年8月、「人間活動」に専念するため、年内をもってアーティスト活動を無期限休止することを発表。2012年11月、活動休止から約2年ぶりの楽曲として「桜流し」が電撃発表された。

Wikipedia(日本語版) / 公式サイト

テーマ別の名言・格言
自然の動画
おもしろい動画

宇多田ヒカル

Flavor Of Life / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「ありがとう と君に言われると なんだかせつない さようならの後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い The flavor of life 友達でも恋人でもない中間地点で 収穫の日を夢見てる 青いフルーツ あと一歩が踏み出せないせいで じれったいのなんのってbaby」

First Love / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「最後のキスは タバコのflavorがした ニガくてせつない香り 明日の今頃には あなたはどこにいるんだろう 誰を想ってるんだろう You are always gonna be my love. いつか誰かとまた恋に落ちても I’ll remember to love. You taught me how. You are always gonna be the one. 今はまだ悲しい love song 新しい歌 うたえるまで」

光 / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「どんな時だって たった一人で 運命忘れて 生きてきたのに 突然の光の中 目が覚める 真夜中に 静かに出口に立って 暗闇に光を撃て 今時約束なんて不安にさせるだけかな 願いを口にしたいだけさ 家族にも紹介するよ きっとうまくいくよ」

Goodbye Happiness / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「甘いお菓子 消えた跡には 寂しそうな男の子 雲一つ無い summer day 日に焼けた手足 白いワンピースが 汚れようがおかまい無し 無意識の楽園 夢の終わりに待ったは無し ある日 君の名を知った So goodbye loneliness 恋の歌 口ずさんで あなたの瞳に映る私は笑っているわ So goodbye happiness 何も知らずにはしゃいでた あの頃へはもう戻れないね それでもいいの Love me」

FINAL DISTANCE / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「気になるのに聞けない 泳ぎつかれて君まで無口になる 会いたいのに見えない波に押されて また少し遠くなる 途切れないように keep it going, baby 同じ気持ちじゃないなら tell me 無理はしない主義でも 少しならしてみてもいいよ I wanna be with you now 二人で distance 縮めて 今なら間に合うから We can start over  ひとつにはなれない I wanna be with you now いつの日か distance も抱きしめられるようになれるよ We can start sooner やっぱり I wanna be with you」

Deep River / J-POP(日本)

歌詞 (一部)
「点と点をつなぐように 線を描く指がなぞるのは 私の来た道それとも行き先 線と線を結ぶ二人 やがてみんな海に辿り着き ひとつになるから 怖くないけれど いくつもの河を流れ わけも聞かずに 与えられた名前とともに 全てを受け入れるなんて しなくていいよ 私たちの痛みが今飛び立った 剣と剣がぶつかり合う音を 知る為に託された剣じゃないよ そんな矛盾で誰を守れるの」



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in J-POP・邦楽 おすすめ曲 and tagged , , . Bookmark the permalink.